2018年12月行報告

皆さま

新年も、はや1ヶ月が過ぎ去ろうとしています、

お元気でいらっしゃいますか!

12月から1月にかけて、先生からお受けした3回の神理には衝撃をうけています。

12月24日のGGP第4回ご講義
1月1日の新年祈りの集い
1月20日の新年の集い

先生のご講義を深く理解するためには、普段から自らの内界を更に深く洞察できるまなざしを、止観シート行をとうして鍛えておかねばと改めて想いました。

私の2019年の神理カードは、14年振り4回目として「太陽の心」をいただきました。
この1年を通じて「太陽の心」に共感できる心を更に更に育みたいです。

以下、行報告です。

 

2018年12月行報告 No.101

★ 止観シート行   21枚
  ウイズダム     0枚

 祈り「新・祈りのみち」より
・ 縁をもった魂への祈り      26日
・ 呼びかけを受けとめるための祈り 26日
  今月は5日抜けました。
・ 「4つの心得」の祈り
  5月行報告でその詳細を記載しました。
  1ヶ月に4回、4つのお祈りなし、刻印することに決めています。
  今月は抜けていません。
注)「4つの心得」のお祈りは、1週に1回から、1ヶ月に4回に変更しました。

★ 祈り黙想禅定    14日
  合計時間     7時間5分   
  1日30分以上、
  今月は17日抜けました。

この時のお祈りは、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」P642です。
朗唱と黙想で2度お祈りし、刻印したのち禅定しています。

 霊的読書
G. 誌の先生のご文章、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、をすべて毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。
今月は7回読めました。

★ ご著書「真我を解放する行」の実践、2巡目です。

「被害者」を超えるための行から、
・持続の行   1ヶ月目です。
・止悪の行   1ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1,2を7回熟読しています。
これらの行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から2年と6ヶ月かけて2017年8月に終えています。
2巡目も2017年9月から、ご著書の目次の最初から順番に2つの行を並行して実践しています。

合計20の行を一つも抜かすことなく、飛ばすことなく、順番に挑戦しています。
自らの未熟、不足、歪には、あらゆるタイプの煩悩が関与しているには明白ですから、それに対応して真我を解放するには20の「行」すべてが不可欠です。

書写行    0枚
映像反芻  0枚

以上です。

ッハ作曲 シャコンヌ   
演奏 アルツール ルービンシュタイン 氏 1887~1982
無駄な感情を超えて、天から本心に響く演奏は感動ものです。
以前、先生は GLA誌でアルツール ルービンシュタイン氏を取り上げておられました。中年以降、猛練習を重ねて世界的な超一流のピアニストになられた方です。
「再起因」された方ですね!
GLA 感謝の集い では数年前に漆原朝子さんが同じ、バッハ作曲 シャコンヌ のヴァイオリンバージョンを演奏されていました。

 

コメント 
その 1 
  行を継続できる鉄板の方法

      「月行表」の作り方を再掲しています。

皆様、行の継続はスムースに進んでいますか!
2018年8月行報告でも、このテーマでコメントしました。

★ 実は、神理の道を歩む道程で、最大限に重要なテーマは「行」の継続です。
この継続は、3日でも、3ヶ月でも、3年でも、30年でもなく、何千年、何万年、何億年へと続く転生をかけた終わりなき継続です。

★ セミナーや、GGPで学んだ「耳学問」だけで自己変革できるほど、私達の暗黒の煩悩は浅くないからです。
行の継続なき光転は幻想かも知れません。

思いつきだけで行を始めるのでなく、必ず日々の行を継続して記録に残しておくこと、そしてこの「月行表」は生涯保管しておくことです。

★ 先生が、私達が自己変革の達人になることを願っておられるのは、皆様ご承知のとうりです。

自己変革の達人とは、煩悩の12の回路すべての変革を意味しています。
更に、その変革の深さにも段階があります。
それは、悟りの9段階で示されているとうりです。

★ 第3段階にいるとか、第4段階にいるとか、自己判断できるものではありません。神のみぞ知るです!
GLA内での役割、伝研、職員、講師とか、霊的体験、止観シートの枚数とかによって判断できるものでもありません。

私はそのように認識しています。

★ 私は、第1段階、第2段階の真っ只中を歩んでいます。
しかし、幸せです。
日々心が少しづつ自由になっていくのを感じるからです。

もし、少しでも不自由・内界にこだわりとらわれを感じたなら、止観シート行で自己変革に持ち込みます。

決して相手さまを変えようとすることではありませんよね!

8月行報告では、私が12年と6ヶ月以上継続してきた「鉄板の法則」を紹介しました。
そこでは私の工夫の9つの項目についてお伝えしました。

★ 皆様におかれましては更に工夫され、鉄板の行継続をされますことを祈念いたします!
それは、自己変革・達人への道です。

以下に、私の「月行表」の作り方9項目を再掲します。

 まず、31行あるルーズリーフを用意します。

◎ 上部欄外に、「2019年 2月行表」と書きます。1ヶ月に1枚使うことになります。

◎ 次に、左側に日付欄を作るため、2センチ幅の線を上から下まで引き、日付を1から31まで書き入れます。
2月は28までですね。
◎ 次に、決めている行の欄をつくるため、2~3センチ幅で線を上から下まで引きます。「祈り」とか「止観シート」とか「書写行」とかの欄を作っていきます。
 
◎ 最初に各「行」の1ヶ月の量を決めておきます。祈りは毎日とか、止観シートは1ヶ月10枚とか、禅定は毎日10分とか。

◎ もし抜けた日があれば、必ず斜線を入れます。

◎ 最も重要なことは、1ヶ月が終わったら「月行表」は必ず大切に末永く保管しておくことです。
例えそれが斜線ばかりで、実践できた日が1日でもです!

  
◎ 「継続すること」の偉大さについては、G.誌2018年3月号の巻頭言及び時の羅針盤に記されています。
再読されることを強く強くおすすめします。必ず、勇気と力と志をいただけます。

◎ 初期の頃は、「行」の数も少なくし、一つか二つから始め、量も少なく設定しておくことです。
そうでないと、即挫折してしまい継続出来ません。

★ もし、簡単な行でも3年継続できれば、凄く自信となります。
  まず3年を目指しましょう。「月行表」で36枚です!

その 2  
12月の止観シート行の内訳は以下のとおりです。

書かなかった日    10日
1枚書いた日     21日
合計21枚

お読みいただき、ありがとうございました。

2019年1月29日

GLA  一会員

2018年11月行報告

皆さま

今年はいかがな年でしたか!

先生と共にある驚きと輝きの1年でした。

「行」と共にある日々の中で、少しずつ神との絆が深まって往くのを感じています。

先日、12月24日GGP第4回ご講義では、「4つの心得を生きるためのシート」をいただきました。

「4つの心得」は今年の豊心セミナーで示されたお祈りを基にした「心得」ですが、それ以来、毎週1回お祈りし刻印していた「4つの心得」でしたから驚きました。

私は、選択したカオス(事態)に対して、念ずべき心得として「必ず1本の白い道がある」を選択しました。

皆さまは、どれを選択されましたか?

以下行報告です。

2018年
11月行報告 No.100

★ 止観シート行   22枚
  ウイズダム     0枚

★ 祈り「新・祈りのみち」より
・ 縁をもった魂への祈り       27日
・ 呼びかけを受けとめるための祈り  27日
  今月は3日抜けました。
・ 「4つの心得」の祈り
  5月行報告で詳細を紹介しました。GGPでも学んでいます。
  1週に1度、4つのお祈りをお祈りし刻印することに決めています。
  今月は抜けませんでした。

★ 祈り黙想禅定  15日
  合計時間    7時間30分
  今月は15日抜けました。

この時のお祈りは、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」P642です。
朗唱と黙想で2度お祈りし、刻印したのち禅定しています。

★ 霊的読書
G.誌の先生のご文章、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、をすべて毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。
今月は7回読めました。

 
★ ご著書「真我を解放する行」の実践、2巡目です。
  
「被害者」を超えるための行から、
・調御の行    3ヶ月目です。
・心を開く行   3ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1.2を7回熟読しています。
この行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から2年と6ヶ月かけて終えています。
2巡目も2017年9月から、ご著書の目次の最初から順番に2つの行を実践しています。

20の行を一つも抜かすことなく、飛ばすことなく、順番に挑戦しています。
自らの未熟・不足・歪にはあらゆるタイプの煩悩が関与しているのは明白ですから、20すべての行が不可欠です。

書写行      0回
映像反芻      0回

◎ 祈り、及び 祈り黙想禅定は毎日行じることを目標としていますが、未 達になることが多いです。
◎ 「4つの心得」の基となるお祈りは5月行報告コメントに詳しく記しています。
◎ 冒頭の雪景色の写真は、北海道大学構内の写真です。
  撮影者は、かなざわありたか さんです。

以上です。

バッハ作曲  G線上のアリア

コメント

その 1   祈りについて  ②

10月行報告では、快苦のトンネルを心に留めて、快でも苦でもない状態、中道、ニュートラル、善我、真我に向かう姿勢が大切だと私見をのべました。

深く行を重ねておられる皆さまは、自らを静かに内観すれば、日常意識の殆どは無自覚のうちに快か苦の状態にはまり込んでいるのを自覚されているでしょう。

この自覚は凄く大切ですよね!

良かれと思って、(快衰退・快暴流)
無自覚の「快」のまま、考え、行為している。

良かれと思って、(苦衰退・苦暴流)
無自覚の「苦」のまま、考え、行為している。

この行為を続ければ、無自覚のうちに自らの身の回りに、社会に大きな歪と混乱を巻き起こすことは間違いありません。

今年、2018年にニュースになったスポーツ界のパワハラ、高級官僚のスキャンダル、東大医卒の知事さん・・・・・、
などなどもその現れでしょう。
地位、名誉、資産、学歴に関係なく闇は産出されています。

これは彼らだけの問題ではありません。
私の問題でもあります。

GLA入会40数年の私の日常では、かなり静まって来たとはいえ、内界には外界からの刺激によって絶えず快苦の騒音・波動が生起しています。
私が快苦にとらわれているとは、無自覚のうちに私が大小の闇を絶えず産出していることになります!

結果としてその闇は、
自らの心身に不調和をきたす。
家庭に不調和をきたす。
会社に不調和をきたす。
自分が関わっている所、GLAとか友人関係とかに不調和をきたす。

この不調和とは先生のおっしゃる、痛み、混乱、停滞、破壊です。
煩悩地図の12の回路全てがその原因になります。

快苦を超えて、中道、ニュートラル、善我、真我に入るとは、如何に困難なことかが判りますよね。
ただし、この中道、ニュートラル、善我、真我の世界は、広大な光と命あふれる神の世界に繋がっていて希望と奇跡の次元です。

皆さまの中には、これまでの求道の歩みの中で、この次元の断片に触れ、深い感動を体験された方々もおられるに違いありません。

これは私には決して諦めることの出来ぬ、永遠の課題です。

現象界でこの次元を生きることは、幾千年、幾万年、幾億年先であろうと成就したい願いです。
如来さまに出会い神理を学び、人生の意味を知った今世を起点とし、止観シート行を核心の行として、これからの永遠の転生を、真我へ向かう歩みを続けます。

前回、10月行報告で「新・祈りのみち」1ページに先生が、「自らを耕し、そして地上を耕そうとする魂に」と宣言されていると申しました。

これは、願いだ!具現だ!と不純なまま先走って行動する前に、しっかりと自らの心を純化し、神の心に向かいましょうとのお誘いであると確信しています。

不純なまま行為すれば、必ず何時かその闇のツケが暗転循環として帰ってきます。

この世のすべての組織も家庭も、まだ純化された光の思いで創られている訳ではありません。GLAの会員である私達もまだ発展途上にある現状です。
ですから、GLAも光への過程にあります。

ですから、絶えず問題が発生しています。外部からは確認出来なくても、内部に問題を抱えています。
大変な惨状です。

「自らを耕す」意味と手立てを知った私たちは、世界と世界史を、光輝く魂文明の夜明け!に導く重要なパイオニアであることは間違いありません。

皆さまは如何思われますか!

G.誌2018年12月号、時の羅針盤「祈る」では気高いお誘いがありますね。
9ページ最後のところにある以下のお言葉です。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

前略

どうか、世界に現れるべき現実が現れますように ― 。

どうか、往くべきところに往くことができますように ― 。

この祈りをいついかなるときも、秘めて歩むことができることを願わずにはいられません。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

私は、絶えず自らを善我へと止観シート行で変革しつつ、上記の2つの祈りを心に秘めて歩みます。

★ どうか、世界に現れるべき世界が現れますように ― 。 
  どうか、往くべきところに往くことができますように ― 。

  対応するお祈り。「新・祈りのみち」P642 

☆ 神の心が地上に自ずからのように行われるように
  すべての二義的なものへの執着と別れさせてください。

以上、私の私見です。

ありがとう ございました。

その 2  
11月の止観シート行の内訳は以下のとおりでした。

書かなかった日   9日
1枚書いた日   20日
2枚書いた日    1日
合計22枚

今年もつたない行報告を、お読みいただき、ありがとうございました。
新年のご多幸を、お祈り申しあげます。

2018年  師走 30日

GLA  一会員

2018年10月行報告

皆様

晩秋の頃、朝夕には冷え込みが深まり、

身も心も引き締まる想いです!

北海道の皆様には、もうすでに冬が訪れていますよね!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか! 今年も多くの新しい方々が、先生の神理の道に参入されました。 本当におめでとうございます!

先生の神理は多岐にわたっていますが、先生の時空を超えた世界観・人生観と共に、きっと先生の説かれる神理のどこかに深く共感されたところがあって入会されたに違いありません。

先生は「新・祈りのみち」643ページで、

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

神よ

神理の道を歩み始めた人々の心の中には

すでにあなあたの光があらわれています。

かつては頼りなかったあなたとの絆も、少しずつ確かなものとなっています。

後略

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

神との絆を深める祈り」で記しておられます。

また、神理に参入するだけで、魂の力が10%解放されるともおっしゃっていましたね。 皆様には、何か思い当たるふしはございますか!

私には、入会3年目ぐらいまでの間は、奇跡的な良きことが幾つか起きて驚いた時期がありました。 私の思い当たるふしです!

霊的世界がある。 永遠の生命を生かされている。 終わりなき転生輪廻を生きている。

霊的世界は存在し、人間は転生輪廻を生かされている永遠の生命!

先生の、この基本の神理だけにでも、そうであるかも知れないと共感され入会されたとしても、それは素晴らしく凄いことです。

世の多くの方々は、死後どうなるのか知らぬまま、老い死を迎えることになるのですから、不安な恐ろしい末期を迎えられることになります。

それは、これまで一人も戻ってきたことのない行き先不明な、決して帰れない長い旅に出かけることになるのですから。

それは、どのようなところに行くのか、行かないのか、死んだら終わりなのか、それすらも不明な恐ろしい暗黒の旅路です!

それが、高橋信次先生と高橋佳子先生のお悟りによって、その旅路の先にあるものは、私達の故郷、光り輝く魂の世界・天上界であり、私達は数百年サイクルで天上界と、地上界を転生輪廻し永遠に生かされている存在であることを伝えられました。

しかも、私達は6人一組の魂の兄弟として、この大宇宙に初めもなく終わりもない無限の永遠の年月を生かされている存在であったとは!

私の住む地方都市にも、会員の中には過去世の言葉が心から溢れて来た方々が何人もおられます。

  私達が、永遠の生命を生かされるのには、大いなる意味と目的があったのですね! それを知り得ただけでも、感謝!感謝!感謝!です。

以下行報告です。

2018年 10月行報告 No. 99

★ 止観シート行   20枚
  ウイズダム     0枚

★祈り「新・祈りのみち」より
・ 縁をもった魂への祈り      25日
・ 呼びかけを受け止めるための祈り 25日
今月は6日抜けました。

・ 「4つの心得」の祈り 5月行報告で紹介しました。GGPでも学んでいます。 1週に1度、4つのお祈りをお祈りし刻印することに決めています。 今月は1度抜けました。

★ 祈り黙想禅定   13日
合計時間     6時間55分
今月は18日抜けました。

この時のお祈りは、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」です。 朗唱と黙想で2度お祈りし、刻印したのち禅定しています。

★ 霊的読書 G.誌の先生のご文章、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、をすべて毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。 今月は7回読めました。

★ ご著書「真我を解放する行」の実践、2巡目です。
「被害者」を超えるための行から、
・ 調御の行   2ヶ月目です。
・ 心を開く行  2ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1,2を7回熟読しています。 この行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から2年と6ヶ月かけて終えています。 2巡目も2017年9月から、ご著書の目次の最初から順番に2つの行を実践しています。

書写行   0回
映像反芻  0回

注)祈り、及び祈り黙想禅定は毎日行じることを目標としていますが、未達になる月が多いです。

以下はコメントです。

ヴァイオリン演奏 漆原啓子さん GLA「感謝の集い」で演奏されている漆原朝子さんとは姉妹です。

コメント

その 1  祈りについて ①

皆様、何のためにお祈りされていますか! そして、そのお祈りは成就しましたか!

先生の神理に参入する前、私達の「祈り」は、高橋佳子先生の神理に参入する前に自業として経験した環境によって違いはあっても基本的には同じです。 それは、「快感原則を生きたいがための祈り」であったと思われますが、皆さまはいかが思われますか!

また、宗教的な経験を持たず、祈りなど経験ないとおっしゃる方々もおられるでしょう。

考えて見れば、自らの人生には、実は困った無数の事柄が絶えず生起しています。 それが巨大な苦悩となる事柄や耐えられない悲劇を生む事柄であれば、もし超次元的な存在、神・仏が存在されるなら、「何とかしてください!」とお祈りしたくなる気持ちはわかりますよね!

それに、自らの日常に直接関係のない、他者の家庭の人々の苦難、隣町の人々の苦難、他国の人々の苦難、アフリカ大陸の人々の苦難、南北アメリカ大陸の人々の苦難、ヨーロッパ・アジア大陸(ユーラシア大陸)の人々の苦難、諸々のまだ見ぬ人々の苦難を想像すれば、この世は、息も詰まるような絶望の世界だと言わざるを得ません。

この自分と他人さまに関わる苦悩の総体は、まさに、先生がカラーの図で示された「人天経綸図」の左側、漆黒の暗黒の世界そのものです。

この暗黒の世界は、歴史的な観点から見ても、イエス様の時代、お釈迦様の時代、ギリシャ・ローマ時代。エジプト、アトランチス時代と有史以前から延々と続いている暗黒の流れです。

実は、この現象界の暗黒は、私達が光輝く天上界に住しているときから、この悲劇を実感し認識していたのは皆さまご存知のとうりです。

ところで、この暗黒と悲劇の原因はどこにあるのか! です。

昨年、今年の「人天経綸図」の先生のご説明によって、その原因はますます明確になってまいりました。 その原因は「私にある」ことです。

・ まず、過去世から持ち越してきている私のカルマ。 ・ そして、今世で吸収してしまった、私の3つの「ち」。 ・ 更に、生きるために当然の如く身につけてしまった私の「快感原則」。

ここに光り輝く魂存在であった、本来の私から大きくずれてしまった、歪に歪んだ私があります。

・ 時代の三毒は、外にあるだけでなく、私の心の中にもしっかり埋め込まれてしまった私の三毒でもあります。 この歪んだ私が作る世界こそ、この暗黒と悲劇の現象界です。

誰の原因(責任)でもなく私の原因(責任)です!! 

先生は。この暗黒と悲劇の原因を「快・苦に振り回されていること」と説かれていると私は認識していますが、皆さまはいかがですか! 煩悩地図と共に1995年に降ろされた「快苦のトンネルの図」がそれを物語っています。

この図は、快でも苦でも、どちらを選択しても最終的には地獄界につながっていることを示しています。 だから、これは快苦を離れましょうと導かれている基本的な尊い教えです。

ところが、自分は今、どんな状態にいるのかを判断するのは至難なことなのです。

快でも苦でもない状態とは?

中道にいる状態。 快苦を超えたニュートラルにいる状態。 善我・真我にいる状態。

と言えるかも知れませんが、それは煩悩を超えた次元であり、今の私にはまだ実感し難い次元です。 下手をすれば、快衰退状態の平和でこだわりのない状態と見間違う可能性だって大いにある訳です。

ただ言えることは、快苦を超える歩み・止観シート行を続けなければ、その次元に到達できないことです。

 

この歩みは、祈れば成就しますか?

キリスト教でも仏教でも祈れば成就する」かの如く、教えられています。 その結果、2000年を過ぎても世界は暗黒と悲劇のままにあります!

先生の教えの根本は、「新・祈りのみち」の1ページ目に宣言されています。

「自らを耕し。そして地上を耕そうとする魂に」

とあります。

皆さま、この宣言をいかが理解されますか!

次回、11月行報告「祈りについて ②」に続きます。

 

その 2 10月の止観シート行の内訳は以下のとおりでした。

書かなかった日   17日
1枚書いた日    10日
2枚書いた日     3日
4枚書いた日     1日
合計20枚

お読みいただき、ありがとうございました。

2018年11月26日

GLA  一会員

2018年 9月行報告

皆さま

お元気でいらっしゃいますか!

今月いただきました、G.誌10月号では「魂の学」序説で魂主義再考」が始まりました。

その中で、「時代の三毒」について更に深くご説明くださっています。

私には、この「時代の三毒」は過去の人類史にも存在し、今世でも血塗られた3つの「ち」として、他人事ではなく自分の心の中に、しっかりと吸収されてしまっていると思えますが、皆さまはいかが思われますか!

そして、この三毒を解毒するには、どんな手立てが必要でしょうか!

「刹那主義」には、常に「永遠の生命」のまなざしが必要でしょう。

「利己主義」には、常に「無償の愛」のまなざしが必要でしょう。

「唯物主義」には、常に人さまの「心の王国」をも明確に洞察でき、過去世も出来事の背景もはっきり理解できている先生の如き、「見えないものを見る」まなざしが不可欠でしょう。

止観シート行を深めておられる方々は、日々の出来事でご自分が如何にこの時代の3毒に影響されているかを知る過程を歩まれていることでしょう。

私も、その過程を歩んでいます。そしてこの「時代の三毒の解毒」には今世も来世も来々世も・・・・・止観シート行の鍛錬が必要です。

この世と私の心の中には、血塗られた暗黒の3つの「ち」が満ちています。
一方、高橋佳子先生の説かれる神理は、新しい光の3つの「ち」であるのは、皆さまご承知のとうりです。

私が霊的読書で、G.誌の先生の神理を7回熟読するのは、この世の濁流に飲まれないように、光の3つの「ち」を刻印し死守したい願いも込められています。

以下行報告です、

2018年
 9月行報告 No.98

★ 止観シート行   20枚
  ウイズダム     0枚

★ 祈り「新・祈りのみち」より
・ 縁をもった魂への祈り 28日
・ 呼びかけを受けとめるための祈り 28日
  今月は2日抜けました。
・ 「4つの心得」の祈り
5月行報告で紹介しました、豊心セミナーで先生からお誘いのあった4つのお祈りです。
1週に1度、お祈りし刻印することに決めています。

今月は1度抜けました。

★ 祈り黙想禅定  15日
  合計時間7時間55分
  1日30分以上
  今月は15日抜けました。

この時の祈り黙想は、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」です。
朗唱と黙想で2度お祈りし、刻印したのち禅定しています。

★ 霊的読書
G.誌の先生のご文章、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、すべて毎月1回、
7ヶ月かけて7回熟読しています。
今月は7回読めました。

★ ご著書「真我を解放する行」の実践、2巡目です。
「被害者」を超えるための行から、
・調御の行  1ヶ月目です。
・心を開く行 1ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1,2を7回熟読しています。
この行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から2年と6ヶ月かけて終えています。
2巡目も2017年9月から、ご著書の目次の最初から順番に2つずつ行を実践しています。

書写行   0回
映像反芻  0回

注)祈り、祈り黙想禅定は毎日行じることを目標としていますが、未達になる月が多いです。

以下はコメントです。

 

 

 

コメント

その 1 「行」を継続できる最善の方法

この課題は8月行報告でも取り上げました。
再読をお願いいたします

先生の説かれる神理を少しでも実感し体得するには、どの「行」も「刹那主義」を離れ長い長い「行」の継続が不可欠になります。

それは、かつて私達が経験したことがない長い継続です。

「行」の継続は「人天経綸図」で学びました「使命の地平」で終わるわけではありません。

その先、何百年・何千年・何万年・何百万年・何億年・・・・と続く、人類が神さまのまなざしに近づく尊い尊い永遠の道筋です。

その先、そこにはゴールはありません!
永遠の生命のまなざしで、終わりなき永遠の修行を続けることになります。

かつて人類はこのことを知りませんでした。
高橋信次先生、高橋佳子先生のお悟りによって、初めてこの地上に明かされた尊い真実です!

更に、この大宇宙には100万個を超える知的生命体が住む惑星があり、その中には我々地球人よりも遥かに進化した住人が住む惑星が多数あることを、2017年1月行報告の中でお伝えしました。

超巨大[宇宙文明]の真相
徳間書店

をその中で紹介しました。

進化した彼らから見た地球は一番遅れた惑星であり、「悲しみの惑星」と呼ばれていることもお伝えしました。

そんな私たちに、止観シート行が降ろされ、やっと進化への道が開けたばかりなのです!
この修行は自分の内界を見るまなざしを持たぬ私達には、異質の初めての経験です。

この異質の行は異質のエネルギーを必要とし、困難を伴うことは言うまでもありません。
私は、過去には幾度も挫折してきました。

8月行報告で述べました、「行を継続できる鉄板の方法」はそれを克服できる一つの工夫です。
ぜひ、8月行報告の再読をお願いいたします。

私の親友の一人が、この「行を継続できる鉄板の方法」を実行し始め、最初の月は祈りだけ、次の月は余裕ができたと、霊的読書を加え2項目の行を継続しています。

継続できると言う自信は次々に新しい工夫を生み出していきます。
必ず、31桁のルーズリーフを用意し、終わった「月行表」は必ず保管しておきます。

 

その 2  ホームページ その後について

その後も引き続き、全国の71箇所の市区町村からアクセスをいただいています。
圧倒的に多いのは、東京を含む関東圏からです。

また、アメリカのカンサス州の小さい町からアクセスがあったり、フランスから15人のユーザーからアクセスがあったり、日本語のホームページであるのに不思議です。

 

 

その 3
9月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

書かなかった日   11日
1枚書いた日    18日
2枚書いた日     1日
合計20枚

お読みいただき、ありがとうございました。

2018年10月24日

  先生ご生誕の日

GLA  一会員

2018年 8月行報告

皆さま

秋の訪れと共に、あの強烈な暑さも去って涼やかな気候が巡ってきました。

お元気でいらっしゃいますか!

8月にあった、GGP  第3回ご講義、そして9月に入ってからの2度に渡るGGPでの復習。 内容の一つひとつが感動ものでした。

なかでも、「最高の人生の手がかりに関するアンケート」は深い意味合いを持ち、私たちの求道に明確な指針を与えてくださいました。

この行報告の読者さまの中には、GGPに参入されておられない方々もおられますので、少し説明しますよね!

このアンケートには11の質問の文章があり、その一つひとつにその回答として5段階の回答文が添えられています。

・全く当てはまらない ・あまり当てはまらない ・どちらとも言えない ・わりに当てはまる ・非常によく当てはまる

この中から自分にふさわしい回答を一つ選ぶことになります。

11の質問の文章には、私達の日常、人生、そして求道に大切なキーワードとなる言葉が一つ含まれています。 私達が記入の後、先生が示されたそのお言葉は以下のとうりでした。

充実、覚醒、自由、実現、協同、親友、 天職、貢献、驚き、幸福、絆

私たちは一部だけでなく、これら全体として成長する必要があるのですね。 良くわかります! この11の項目によって、現在の自分の位置(心境)を自覚できるアンケートでした。

提出は必要ありませんでしたが、皆さまはいかがでしたか!

境地が「使命の地平」に近づくにつれ「非常によく当てはまる」になるとおっしゃっていました。

もし、私が止観シートを1.000枚も書いていなければ、私の回答は今とは違うものになっていたと思いました。 止観シート行の継続は確実に心境を高めています!

先生からの驚愕すべき驚異の智慧の質問アンケートでした。

以下、行報告です。

 

2018年 8月行報告、No.97

★ 止観シート行   20枚   
  ウイズダム     0枚

★ 祈り 「新・祈りりのみち」より
 縁をもった魂への祈り   30日
・ 呼びかけを受け止めるための祈り 30日
今月は1日抜けました。
・ 「4つの心得」の祈り 5月行報告で紹介しました、豊心セミナーで先生からお誘いのあった4つのお祈りです。 1週に1度、お祈りし刻印することに決めています。 今月は抜けていません。

★ 祈り黙想禅定  19日
合計時間9時間40分
1日30分以上
今月は12日抜けました。

このときのお祈り黙想は、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」です。 朗唱と黙想で2度お祈りし、刻印したのち禅定しています。

★ 霊的読書 G.誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説を毎月1回、 7ヶ月かけて7回熟読しています。 今月は7回読めました。

★ ご著書「真我を解放する行」の実践、2巡目です。

「被害者」を超えるための行から、
・内省の行   3ヶ月目です。
・献身の行   3ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1、2を7回熟読しています。 この行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から始め、2017年8月末に2年と6ヶ月かけて20の「行」を終了しています。 2巡目も2017年9月から、ご著書の目次の最初から順番に2つずつ行を実践しています。

書写行    0回
映像反芻   0回

注)祈り及び祈り黙想禅定は毎日行じることを目標としていますが、未達になる月が多いです。

以下はコメントです。

コメント

その 1 
「行」が止まって、「志」が霧散してしまわない鉄板の方法 「月行表」の作り方です。 

私の行報告も今回が97ヶ月目です。この中でお伝えできていない重要な事柄があるのに最近気が付きました。

それは「行」を継続できる鉄板の方法です。 私は、この方法を12年と6ヶ月以上続けています。

◎ まず31行あるルーズリーフを用意します。

◎ 上部欄外に、「2018年 10月行表」と書きます。一ヶ月に1枚使うことになります。

◎ 次に、左側に日付欄を作るため、2センチ幅の線を上から下まで引き、日付を1から31まで書き入れます。

◎ 次に、決めている行の欄をつくるため、2~3センチ幅で線を上から下まで引きます。「祈り」の欄とか「止観シート」の欄とか「書写行」の欄とかです。

◎ 最初に各行の1ヶ月の量を必ず決めておきます。祈りは毎日とか、止観シートは1ヶ月10枚とか、禅定は毎日10分とか。

◎ もし抜けた日があれば、必ず斜線を入れます。

◎ 最も重要なことは、1ヶ月が終わった「月行表」は必ず大切に末長く保管しておくことです。 例えそれが斜線ばかりで、実践できた日が1日でもです!

5年10年の後、それをご覧になる機会があれば、自己成長と共にある人生の尊さを更に更に深く実感されるでしょう。 上記の、GGP  第3回ご講義でいただいた、11のお言葉はきっと光を放ち始めているに違いありません!

自己成長のない人生は、例え忙しい日々であっても、それは空虚な虚しい人生です!

● 「継続すること」の偉大さについてはG.誌2018年 3月号の巻頭言及び時の羅針盤に記されています。 再読されることを強く強くおすすめします。必ず、勇気と力と志をいただけます!

● 最初の月は、行の数も少なく、一つか二つから始め、量も少なく設定しておくことです。 そうでないと初期に挫折してしまいます。継続できません!

失敗例です。

・ある御婦人の方、いきなり30分の禅定に挑戦されたそうです。 なかなか時間がたたず、途中何度も時計を見たそうです。 あんなに苦しい行は二度としたくないとおっしゃっていました。

・男性の方、止観シート行を一日3枚書くと決められました。 即、挫折です。

計画の段階では盛りだくさんにしたい気持ちにはなりますが、これはまだ自覚できていない快暴流の動機が内在されているからかも知れません。 実践できるかどうかは別物です。

私は何度も失敗・挫折を重ねてきました。 しかし、レベルを下げてでも継続し続けることが最大の優先事項です。

初期の間は、余裕で成就できるレベルから始めることが大切です。

もし、簡単な行でも3年継続できれば、凄く自信となります。 まず3年を目指しましょう。「月行表」36枚です!

 

心から、あなた様の「行」が継続されることを、お祈り申しあげます。

誰よりも、あなたさまの「行」が継続・成就されることを願っておられる方は、あなたさまの守護指導霊さまと5人の魂の兄弟の皆さま、そして先生です。

今日、GLAに入会された方々をも含めて、ご健闘をお祈りいたします!

 

 

何も「行」をしなくても、5年10年の歳月はすぐ通り過ぎてしまいます。 もし、その日々に止観シート行を重ねるとするならば、「最高の人生の手がかりに関するアンケート」にある11のお言葉に向けて、日々歩んでいることを実感されるでしょう。 私も実感しつつあります。

充実、覚醒、自由、実現、協同、親友、 天職、貢献、驚き、幸福、絆

これらは間違いなく悟りへの歩みの道中で、光を放ち始めるお言葉おです!

まさに、最高の人生への手がかりとなる、11のお言葉です」!

その 2
ホームページについて

先月お伝えしましたホームページ「光輝く魂文明の夜明け!」のURLは下記のとうりです。

https://friodekei.com

です。

 

北は北海道、東北、南は九州、沖縄など全国から訪問をいただいています。 訪問者が多い地域は、東京、大阪、横浜、京都、名古屋、那覇、の順になっています。 また、Taipei・台湾からもお一人訪問者がありました。

ありがとうございます!

その 3 8月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

書かなかった日    11日
1枚書いた日     20日
合計20枚。

お読みいただき、ありがとうございました。

2018年 9月21日

GLA  一会員

2018年 7月行報告

皆さま

7月の猛暑から一転、過ごしやすい夏が続いています。

絶好の行日和です!

深夜、早朝にはクーラーも切って、深い静寂のなか 禅定、祈り、霊的読書、止観シート行のときを持てるのは最高の幸せです!

さて、5月から始まったG.誌の神理「魂・心・現実の法則」は凄い内容ですね!!

一言一言を静かにゆっくり吟味咀嚼しつつ理解を深めています。

 

 caccini    ave  maria         演奏 と 編曲は加羽沢美濃さん
編曲も素晴らしいですが、演奏も心に染み感動します。
世界で154万回視聴されています。

以下、行報告です。

2018年 7月行報告、No. 96

 止観シート行   27枚
  ウイズダム     0枚

 祈り (新・祈りのみち)より
・ 縁をもった魂への祈り  27日
・ 呼びかけを受けとめるための祈り 27日
今月は4日抜けました。

・ 「4つの心得」の祈り 5月号行報告で紹介しました、豊心セミナーで先生からお誘いがあったお祈りです。 1週に一度、お祈りし刻印することに決めています。 今月は抜けていません。

 祈り黙想禅定  15日
合計時間 7時間55分
1日30分以上
今月は16日抜けました。
祈り黙想は、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」です。 朗誦と黙想で2度お祈りし、刻印したのち禅定しています。

★ 霊的読書 G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説を毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。 今月は7回読めました。

★ ご著書「真我を解放する行」の実践、2巡目です。
「被害者」を超えるための行から、
・内省の行   2ヶ月目です。
・献身の行   2ヶ月目です。

 3ケ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1,2を7回熟読しています。 この行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

 なほ、1巡目は2015年3月から始め、2017年8月末に2年6ケ月かけて20の「行」を終了しています。 2巡目も2017年9月から、ご著書の目次の最初から順次2つずつ行を実践しています。

書写行    0回
映像反芻   0回

注)祈り及び祈り黙想禅定は毎日行じることを目標としていますが、未達になる月が多いです。

以下はコメントです。

コメント

その 1、 止観シート行実践の総括。

私は2010年8月から本格的に行を始めています。 それで、私の行の1年は、毎年8月に始まり翌年7月に終了します。 この一年の止観シート行の合計枚数は355枚でした。

次に、1995年に止観シート行が始まって以来の経緯は以下のとうりです。

1995年から⇒15年間   645枚     累計
2010年8月⇒12ヶ月間  557枚   1,202枚
2011年8月⇒12ヶ月間  376枚   1、579枚
2012年8月⇒12ヶ月間  244枚   1,822枚
2013年8月⇒12ヶ月間  370枚   2、192枚
2014年8月⇒12ヶ月間  674枚   2、866枚

2015年8月⇒12ヶ月間  430枚   3、296枚
2016年8月⇒12ヶ月間  346枚   3、642枚
2017年8月⇒12ヶ月間  355枚   3、997枚

4,000枚突破に3枚足りずに終わりました。 8月に入って、8月3日に止観シート行4,000枚突破になりました。

その 2、 
2015年11月行報告でいただいた2つの智慧

3,000枚突破の際には、その時の後智慧、先智慧として2つの智慧を認識しました。 2015年11月行報告にその詳細を記しています。 ご参照頂きますれば幸いです。

 相手さまの未熟・煩悩を問わず。
★ 自らの待遇を問わず。

でした。

それから3年弱の今日までの期間、この2つの先智慧に大いに助けられています!

★ 相手さまの未熟・煩悩を問わず。では、 これまでの長い人生の中では、相手さまの受発色の中に未熟・煩悩を見ると、思わず、拒絶の回路、批判の回路、不満の回路が発動してしまい、行為まで進まなくても心に苦暴流の思いが渦巻いてしまい不快な思いを貯めこんでいました。 相手さまから実際に被害を受けたと感じたときは、なお更です!

今では、そのような時にも、また相手さまの未熟・煩悩を問題視していると意識できることが多くなり、これは無意味な「こだわり」である、と「川の心」の如く少しづつ流せるようになりつつあります。

★ 自らの待遇を問わず。では、 私は、これまで自分が快を感じるように扱われることを、無自覚の内に望んで生きていた人生があります。 逆に、蔑まれたり、軽視されたり、無視されたりの場合は、強烈な苦の不快を味わうことになり、相手さまに反撃したい苦暴の気持ちになったり、自分が全否定されたような苦衰の沈鬱な状態に陥っていたりしました。

これでは、快苦に翻弄されっぱなしです。 しかし、よく考えて見れば、現在の現象界は私も相手さまもまだ煩悩100%の現状で未熟を生きている、まだまだ不調和な世界です。 それに、不随に定、崩壊の定が渦巻く暗黒の世界です。

この中を、自分だけ苦を避け快を求めて生きようとするとは無謀な生き方で、至難の業ですよね!   (笑)

この世を、自らの待遇だけを問題視して生きようとすれば、あちこちに葛藤とストレスが生じ、地獄の日々になることは間違いありません。

「自らの待遇を問わず」を先智慧とすることができて、自分はどう扱われても良いではないかと達観できるようになると、大きく快苦を超えた本心のありかを求めて生き始めることができるようになる。

そのように思っています。

私にとって、これからも良き先智慧です。

 

その 3、 Word Press でホームページを作成しました。

ホームページ名は、         光輝く魂文明の夜明け!

GoogleまたはYahoo!で、上記の名前を検索して頂くと出てきます。

また、「魂文明」と入力し検索して頂いても、1ページ目に出てきます。

内容は、これまでの行報告が中心です。 2015年1月行報告以降からを順次投稿しています。

GLA会員以外の方々も多く訪問していただいているようですので、 「光輝く魂文明の夜明け!」がすでに始まっていることをお伝えできる記事も投稿してゆきます。 現在の記事数は合計48記事です。

ホームページ内にある検索窓は優秀で、例えば「関芳郎」と入力して検索すれば、私が投稿した48の記事の中から、即、8つの記事が出てきます。 また、上記その2、の「2015年11月行報告」を入力し検索すると、その記事がすぐ出てきます。

試しに、「ファベーラ」と入力し検索すると、どんな記事が出てきますか!?

行報告内の個人名はプライバシーを重んじ、できるだけ避けています。 また、投稿者名は「GLA 一会員」としました。

スマホ、または PCで閲覧できますが、PCの方が見やすいです。

その 4、   
7月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

書かなかった日  10日
1枚書いた日   16日
2枚書いた日    4日
3枚書いた日    1日
合計27枚です。

お読みいただき、ありがとございました。

2018年 8月20日

GLA  一会員

2018年 6月行報告

皆さま
 

連日の大雨も過ぎ去り、青空と太陽が戻ってきました。

家やご家族を喪失した方々もおられます。 この事態は天災による「崩壊の定」との遭遇と言えるかもしれません。

 

私の人生では、言うならば人災による「崩壊の定」を数々と経験してきました。 それ故にその当時には、何と絶望的な事態になるのかと、失意の人生を歩んでいました。

そのどん底で、お出会いできたのが、高橋信次先生橋佳子先生でした。

以来43年、今では「崩壊の定」に出会っても、「不随の定」に遭遇してこれは「試練」と感じても、この事態は『自業』として私の人生に訪れている、天からの賜りものです。

・だから、天上界には解決への一本の白い道として「青写真」が必ず存在している。

・この「試練」は、天上界から私への特注の「呼びかけ」必然として運んできた。

・深く丁寧にその「呼びかけ」の意味を訪ねれば、善我、真我、魂感覚への自己成長と共に、解決への白い道が現れてくるに違いない。

この自己成長を無視しては「試練」の意味も深く判らず、解決の道を探すことは全く不可能です。 なぜなら、今ある煩悩レベル内で問題を解決しょうとしているからです。

解決できたと思っても、それは煩悩の足踏み状態で、煩悩の波動を発散し続けることになり、更に深い暗黒に見舞われることは必須です。

 
自己成長へ努力こそ、すべての始まりであり、要であると認識しています。

また、例え一本の白い解決のみちに出会えなくとも、この「試練」と呼ぶ不幸な事態を、諸手を広げて受け止めて生きたいです。

心を大きく広げ、同苦同悲の菩提心を生きることに挑戦する絶好のチャンスです!

もうここでは、「試練」と呼ぶ不幸な事態ではなく、「試練自己成長を促す希望の事態です。

そのような道を、少しずつ歩んでいます。

以下、行報告です 2018年 6月行報告、No. 95

★  止観シート行  22枚
  ウイズダム     0枚

★ 祈り (新・祈りのみち)より
・ 縁をもった魂への祈り 24日
・ 呼びかけを受けとめるための祈り 24日
今月は6日抜けました。
・ 「4つの心得」の祈り 5月行報告で紹介しました、豊心セミナーで先生からお誘いがあったお祈りです。 1週に一度、お祈りすることに決めています。 今月は抜けていません。

★ 祈り黙想禅定  12日
合計時間 6時間15分
1日30分以上
今月は18日抜けました。 祈り黙想は、以前から引き続き「神との絆を深める祈り」です。 朗唱と黙想で2度お祈りし、心に刻印しています。

★ 霊的読書 G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説を毎月1回、7ヶ月かけて熟読しています。
今月は7回読めました。

★ 「真我を解放する行」の実践、2巡目です。
「被害者」を越えるための行から、
・内省の行  1ヶ月目です。
・献身の行  1ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1、2を7回熟読しています。 この行の実践は止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から始め、2017年8月末に2年6ヶ月かけて20の『行』を終了しています。 2巡目は2017年9月から始めました。

書写行  0回
映像反芻 0回

注)祈り及び祈り黙想禅定は毎日行じることを目標としていますが、未達になる月が多いです。

以上です。

コメント

その 1  魂・心・現実の法則

皆さまご存知のとうり、G誌5月号から「魂の学」序説で、「魂・心・現実の法則」の記載が始まっています。

私は、一瞬これはもう学んだ事柄!と言う想いが心をかすめました。 (最近入会された方々のために先生が書かれているのか?)

これは、とんでもない想い違いでした。

 

皆さま、ここで言われている「現実」って何ですか? 私にはいまだに深く洞察しないと、あたかも「現実」が単独で突出して存在するかに見えてしまいます。

皆さまは、いかがですか?

「現実」が現れるには、長い長い年月の背景と条件があったのですね! 自らの心を原因とするもの、自らの魂を原因とするもの、他者の心・魂のエネルギーを原因とするもの。

それらが、ごちゃ混ぜになった風土が原因となっているもの。

自他の魂のカルマからくる闇のエネルギー、自他の心に既に吸い込まれてしまっている血塗られた3つの「ち」からくるエネルギー。

「現実」は表層ではなく、深い深い背景が心と魂にあるもの、そして絶望的に悲しいもの! だからこそ、如来さま、先生がお生まれになり、真実の神理をお説き下さっている!

もしここで、私たちが心の変革への「行」を怠るなら、心の闇は無自覚の内に「現実」に放出され、「現実」の悲しみは更に深まることとなりますよね!

G.誌では、

*5月号では、『魂の因果律』の説明を超える神理が示されています。

5月号11ページ最後から13ページ冒頭までです。

*6月号では異質の法則のなかで、「実在界」は同質の世界であり、「現象界」は異質の世界であると言っても過言ではないと申されています。

同質の世界については驚くべき内容です。
更に、具現の法則では「3つのステップ」のこと、具現のゲートのことが述べられています。
 

*7月号では更に深く・・・・・

 

先生のG誌のご文章は、7回霊的読書することにしていますから、7ヶ月かけて深く刻印します。

私たちは、神理が深く体得されていないがゆえに、無自覚にも煩悩で問題を解決しょうとしてしまいます。 これでは、解決にはならず、終わりなき混乱の道を歩むことになります。 1日も早く、自己成を続け魂感覚を取り戻し、神聖な歩みを始めたいです。

その 2
6月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

書けなかった日  12日
1枚書いた日   14日
2枚書いた日    4日
合計22枚です。

お読みいただき、ありがとうございました。

2018年 7月11日

GLA    一会員

2018年 5月行報告

皆さま

GLAではこの季節、5月ゴールデンウイークから8月まで、各年齢層の方々へのセミナーが4回順次開催されています。

中央自動車道長坂インターを出て北へ程なくの所にある、「GLA八ヶ岳いのちの里」は風光明媚で風も爽やか、広大で緑豊かな素晴らしいスポットです。

参加者はきっと先生とのお出会いと共に、人生最大の賜物をいただかれているに違いありません。

私は、先月開けれた「豊心大学セミナー」に参加された友人から、そこで先生から誘われた「4つの心得」を伝えられました。

とても深い内容ですね! コメントで披瀝します。

 

以下、行報告です 2018年 5月行報告、No.94

★ 止観シート行 21枚
       ウイズダム 0枚

★ 祈り (新・祈りのみち)より
・縁をもった魂への祈り      27日
・呼びかけを受けとめるための祈り 27日
今月は4日抜けました。

★ 禅定   15日 合計時間 7時間40分
1日30分以上
今月は16日抜けました。

★ 霊的読書 G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説を毎月1回、7ヶ月かけて熟読しています。 今月は7回読めました。

★ 「真我を開放する行」の実践、2巡目です。
「自信家」を超えるための行から、
・譲与の行    3ケ月目です。
「被害者」を超えるための行から、
・和顔愛語の行  3ヶ月目です。

3ケ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1,2を7回熟読しています。 この行の実践は止観シート行でチェクするように努めています。

なほ、1巡目は2015年3月から始め、2017年8月末に2年6ケ月かけて終了しています。 2巡目は2017年9月から始めました。

書写行   0回
映像反芻  0回

注)祈り、禅定は毎日行じることを目標としています。

以上です。

 

 

 

コメント

その 1  4つの心得

豊心大学セミナーで先生が誘われた「4つの心得」とは、

◎ すべての出来事には意味がある。

新・祈りのみち 346ページ

「機会に祈る」

 

◎ 試練は呼びかけ。

新・祈りのみち 576ページ

「呼びかけを受けとめるための祈り」

◎ 出会いは人には作れない。

新・祈りのみち 424ページ

「別れのとき」

◎ 必ず一本の白い道がある。 (最善の道がある)

新・祈りのみち 388ページ

「解決に向かうための祈り」

 

と、参加した友人からお聞きしました。

これら、4つのお祈りの中に、4月から深く共感しお祈りしている「呼びかけを受けとめるための祈り」があるのには驚きました。 このお祈りの中で、特に心惹かれているところがあります。 577ページです。

その 2   佐渡裕さん (さどゆたか)

皆さま、佐渡裕さんをご存知ですか!

先生のご著書「運命の逆転」26ページに、米国のお二人の幽体離脱経験者と共に佐渡さんの幽体離脱体験が記載されています。

京都市右京区太秦生まれ、京都市立京都堀川音楽高等学校京都市立芸術大学卒業、58歳。

小澤征爾さんに次ぐ世界的な日本人指揮者と言われています。

 


ベルリン・フィルのコンサートマスターは2010年以降から樫本大進氏  客演指揮者は佐渡裕氏

 

先生から学んでいる大切な視点の一つに、時代の三毒があります。

◎ 唯物主義 (目に見えるものしか信じない)

◎ 刹那主義 (今さえよければそれでいい)

◎ 利己主義 (自分さえよければそれでいい)

この時代の三毒は、私たちが「魂主義」へ「光輝く魂文明の夜明け!」へと向かうに、逆らいとなるものです。

GLA在籍40年以上の私にも、社会一般の方々にも、この「唯物主義」はまだまだ心の深くにまで浸透したままになっています。 目に見えるものしか信じないのですから、霊的世界があるとは信じられず、あの世があるとは信じられません。

これでは「人間は死んだら終わり」にならざるを得ません。 転生輪廻も永遠の生命も、信じられないことになります。

先生がここで、佐渡裕さんの幽体離脱体験を取り上げておられるのは、見えない世界、霊的世界は間違いなく存在しますと、世の方々に告げておられるように思えます。

皆さま! いかが想われますか!

その 3

5月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

書けなかった日  12日
1枚書いた日   17日
2枚書いた日    2日
合計21枚です。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

2018年 6月10日

GLA       一会員

 

 

2018年 4月行報告

皆さま
 
    
風薫る5月! お元気でいらっしゃいますか。
 
一年で一番「行」に適した頃でもありますね!
 
 
 
GLAでGGPでの人天経綸図の学びでは、以下の超貴重な一覧を学びました。
 
 
〇 宿命の洞窟・現状の私たちのレベル
 
★ 偽我  「こうだったから こうなってしまった」
      
      ● 言い訳をしている。
 
 
〇 運命の逆転を生きるレベル
 
★ 善我  「こうだったけれど こうなることができた」
 
      ● 偶然と捉えている。
 
 
〇 使命の地平を生きるレベル
 
★ 真我  「こうだったからこそ こうなることができた」
 
      ● 必然と捉えている。
 
 
 
偽我を生きる私たちは、「そうだとしても こうすることもできる」という魔法の言葉を身につけ、カオス発想術の達人になり可能性を引き出す達人になりましょうと導かれたのは、2018年G誌4月号の「魂の学」Ⅳでの学びでした。
 
今回は更に真我のレベル「こうだったからこそ こうなることができた」 ● 必然 を学びました。
 
 
皆さま、このレベルでは、世の中の森羅万象、人間関係も含めて、すべての出会い、出来事は「必然」と自然に捉えられるレベルなのですね!
 
凄く気高い心境です!
私にはまだ見ぬレベルです。
 
物事を「必然」と捉え得るのは、天上界に「青写真」があると言う確信があって初めてなし得ることでしょう。
 
皆さまこの「青写真」と「必然」の関係をいかが読み解かれますか?
 
 
 
以下は私見です。
 
更に、「青写真」⇒「必然」として降りてくる「出来事」に対して、苦とか快に傾き(違和感)を覚えるときは、それはあるがままに受け止めきれていないのですから、その思いは歪んでいる・煩悩と言えます。
 
この(違和感・試練)こそ天からの(天の青写真を尋ねましょう)という「呼びかけ」です。
この「呼びかけ」で天の意図を尋ね、思いを浄化し行為につなげていくことになります。
 
これは、止観シート行で日々やっている(天との響働作業)です。
 
「青写真」⇒「必然」・出来事⇒「呼びかけ」⇒「青写真」⇒思いの浄化・転換⇒行為
 
 
 
・この一連の(天との響働作業)で生まれてくるものこそ、先生のおっしゃる3つの使命でしょう。
 
○    成長の使命
○ 響働の使命
○ 具現の使命
 
 
 
まずは、日常と人生で生起するすべての出来事・出会には、
 
「青写真」、「必然」、「呼びかけ」の3つキーワードがセットされていることを、
 
常に自らに刻印し続けたいです!
 
 
 
「青写真」については、G誌5月号38ページは必見です!
 
 
 
 
以下、行報告です。
 
2018年
4月行報告、 No. 93
 
 
★止観シート行  25枚
 ウイズダム    0枚
 
 
 
★祈り・「新・祈りのみち」より
縁をもった魂への祈り      30日
呼びかけを受けとめるための祈り 30日
 
 
 
★禅定      21日
 合計時間   10時間50分
 1日30分以上
 今月は9日抜けました。
 
 
 
★霊的読書
 G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説を毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。
 今月は7回読めました。
 
 
 
★『真我を解放する行』の実践、2巡目です。
 「自信家」を超えるための行から、
 譲与の行    2ヶ月目です。
 「被害者」を超えるための行から、
 和顔愛語の行  2ヶ月目です。 
 
 3ケ月・90日の間に、煩悩と行の説明文・挑戦1,2を7回熟読しています。
 この行の実践は、止観シート行でチェックするように努めています。
 
 なほ、1巡目は2015年3月から始め、2017年8月末までに2年6ケ月かけて終了しています。
 2巡目は2017年9月から始めました。
 
 
 
 書写行     0回
 映像反芻    0回  
 
 
 
以上です。
 
 
 
コメント
 
 
その 1 
4月の止観シート行の内訳は以下のとおりです。
 
書けなかった日   8日
1枚書いた日   19日
2枚書いた日    3日
合計25枚です。
 
 
 
お読みいただき ありがとうございました。
 
 
2018年 5月22日
 
 
GLA      一会員
 
 
 

2018年 3月行報告

皆さま
 
お元気でいらっしゃいますか!
 
4月号巻頭言は、凄い視点から書かれています。
深い納得を頂きました。
 
また、「魂の学」序説では魔法の言葉をいただいています。
 
これには、継続が不可欠と申されています。
私にも滅に向かう可能性が、ジリジリと広がるのが感じられます。
 
3月なかばから、祈りの「行」を二つ加えました。二つ合計しても10分以内です。
先生は、ご著書「GLA会員のライフスタイル」の中で、1日に複数回、祈り、禅定の時を持ちましょうとお誘いされています。
 
やっと念願叶いました。
 
   
以下、行報告です。
 
2018年
3月行報告、 No. 92
 
 
★止観シート行   21枚
 ウイズダム     0枚
 
★祈り
縁をもった魂への祈り 24日
呼びかけを受けとめるための祈り 5日
 
 
★禅定          23日
合計時間   11時間45分
1日30分以上
今月は8日抜けました。
 
 
★霊的読書
G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、を毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。
今月は7回読めました。
 
 
★『真我を解放する行』の実践、2巡目です。
「自信家」を超えるための行から、
譲与の行   1ヶ月目です。
「被害者」を超えるための行から、
和顔愛語の行 1ヶ月目です。
    
3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文・挑戦1・2を7回熟読しています。
この行の実践は、止観シート行でチェックするように努めています。
 
なほ、一巡目は2015年3月から始め、2017年8月末まで2年6ヶ月かけて終了しています。
2巡目は2017年9月から始めました。
 
 
書写行   0回
映像反芻  0回
 
 
以上です。
 
 
 コメント
 
その 1 
「青写真」について②
 
2月行報告、コメントからの続きです。
そこでは青写真には、究極の青写真と途中経過の青写真があるのではないかと考える、と述べました。
 
例えば、昨年のG誌8月号「理想と現実1」では「人権」意識が17世紀から醸成され始め、世界に広がっていますが一部の独裁的国家では、まだ今日においても、当然のように認められているわけではない趣旨のことが述べられています。
 
更に視野を広げれば、ヨーロッパの先進国でも、まだ子爵だの伯爵だのの貴族社会が存在し、日本でも皇族が存在しています。
 
また、アメリカでも日本でも、セクハラ問題、パワハラ問題が意識化されつつあります。
 
これらの諸点を見ると、「人権」意識問題は深化したとは言え、まだ途中経過の青写真にあると言えますね!
 
それでは、究極の青写真はどこにあるのか?
先生は、それは実在界にあるとおっしゃっています。
 
これまで学んできた天上界の様子から察するに、天上界に住する人々は、如何なる方であろうと心底お互いの尊さを理解し納得しています。
ですから、そこには差別感などは存在しません。
私たちがまだ知らぬ、究極の「人権」意識の青写真が、そこでは生きられていることになります。
 
この宇宙に数多く存在する調和した住民が住む、光輝く多くの星では、すでに物を所有する概念はなく、通貨も存在しません。
★ 2017年 1月行報告コメント その 2 をご参照ください。
 
地球の我々の如くに、遺産相続争いの悲劇はあり得ない事柄です。
 
「人権」を一つ考えても、その究極の青写真は、実に深く、遠くにあると認識できます。
 
 
その 2 
止観シート行と自業、青写真、必然、呼びかけ
 
● 自業については、「神理の言葉 2012」で丁寧に説明されています。
 
● 青写真については、2月行報告でご紹介した、G誌昨年8月号17ページを再度お読みください。
 
上記の神理をしっかり深く読むと、人生や日常で経験する無数の出来事、出会いとしての自業は、すべて天上界の究極の青写真から訪れていることが明白になりますよね!
 
これは。気まぐれに、偶然に訪れているわけではありません。
大宇宙の意志において訪れている「必然」です。
 
神の意志において、私に向けて訪れている無数の事柄は、無造作に意図もなく訪れているわけではありませんよね。
 
神の意図がそこのある。
その意図こそ「呼びかけ」であるわけですから、必死にその呼びかけの意味を探し究極の青写真を求め、それに応える歩みこそ、止観シート行であり、ウイズダムの行でしょう。
 
 
実は、天上界の上層部にある、究極の青写真を求めるなど、私にはとても無理とおっしゃる方もおられます。
未熟な私たち、それは当然のことです。一気に到達は不可能でしょう。
 
煩悩地図、祈りのみちでシート行を重ね、試行錯誤しつつ、途中経過の青写真を何十年何百年何千年と体験しつつ、究極の青写真に近づくことになります。
 
無理と言って、あきらめたらすべて終わりになります。
 
それでは、せっかく先生にお出会いしていても、GLAに何十年在籍しょうが、必死になって奉仕しようが、深化なしの足踏み状態になります。
 
それほど、私たちの闇は深いと実感しています。
 
自業、青写真、必然、呼びかけ、止観シート行は、明確につながっています。
 
 
その 3

3月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

 

書かなかった日  11日
1枚書いた日   19日
2枚書いた日    1日
合計21枚です。
 
 
お読みいただき、ありがとうございました。
 
 
「光輝く魂文明の夜明け!」をお読みいただいている皆さまの中には、
まだGLA(ジーエルエー)についてご存知でない方もおられます。
GLAは高橋信次氏によって創立され、現在は高橋佳子氏が主宰されています。本部は東京にあります。
 
「GLA」で検索いただきますれば、GLA公式ホームページがあります。
私が、お伝えしている諸々の情報につても解説があります。
 また、各種ご案内もあります。ご利用いただきますれば幸いです。
 
ありがとう ございました。
 
 
 
2018年 4月24日
 
 
GLA  一会員
 

2018年 2月行報告

皆さま

お元気でいらっしゃいますか!
春爛漫の訪れもあと少しですね!

何かワクワクと待ち焦がれている気持ちがあります。
皆さまは如何ですか!

私は3月4日、『観音の心』の神理カードを18年振りに、3枚目として頂きました。

今年は何を頂くか、予測できていませんでしたが、『観音の心』を頂いて始めて、これだ! 今必要な神理カードは!、と実感できました。

ここ3年ほどは止観シートでの変革には、ほぼ100パーセント12の菩提心に共感して心を変革していました。

それで、これまで止観シート数百枚分は、その12の菩提心の一つ『観音の心』に共感し変革に導かれてきましたが、ここにきて、そこにはもっと深い共感があるはずだと、確信を持ち始めていました。

今年は、『観音の心』を糸口として、他の菩提心にも一段と深く共感できるよう、そのお心に迫りたいです。

GLA関本部長は、2016年1月のGGPで、『観音の心』の命の言葉として、「同苦同悲のまなざしを抱く」と示唆してくださっています。
深いお導きです!

このお導きを心に深く受け入れた上で、更に観音の『慈悲』について、実践への想いを定めました。

『慈』は慈しむ想い。
『悲』は癒す想い。

この一年を通じて如何なる、

批判したくなる人。
さげすみたくなる人。
敵対してしまう人。

に出会っても、いつも心から『いつくしむ想い』、『いやす想い』を引き出せば、もっともっと深く美しい出会いができることを信じて神理のみちを歩みます。

皆さま、よろしくお願いいたします。
ありがとう ございました。

以下、行報告です。

 

2018年
2月行報告、 No. 91

★止観シート行  20枚
 ウイズダム    0枚

★禅定      19日
合計時間     9時間55分
今月は9日抜けました。

★霊的読書
G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、を毎月1回、7ヶ月かけて7回熟読しています。
今月は7回読めました。

★『真我を解放する行』の実践、2巡目です。
「自信家」を超えるための行から、
陰徳の行  3ヶ月目です
思遣の行  3ヶ月目です

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文・挑戦1・2を7回熟読しています。
この行の実践は、止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、一巡目は2015年3月から始め、2017年8月末に2年6ヶ月かけて終了しています。
2巡目は2017年9月から始めました。

書写行   0回
映像反芻  0回

以上です。

コメント

その 1 「青写真」について①

皆さま! 「青写真」を求めて生きる、と聞いていかが想われますか。

何か会議や、プロジェクトではテーマや青写真に向かって臨むことはあります。

この時の大切な指針となるお祈りは、「青写真を求めるための祈り」382ページに記されています。
そこでは重要な示唆を沢山頂いています。

ところで一方、私たちは私的な日常生活の中では、青写真を求めて生きると言われてもピンとこないものがあります。

昨年の「魂の学」序説、8月から12月まで5ヶ月かけてお説きくださった「理想と現実」シリーズでは次のように新たな展開の神理を頂きました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

これから私たちに与えられる出会いにも、取り組む課題にも、新たに生み出すものごとにも、人間関係にも、すべて「青写真」があります。
「青写真」があるということは、それぞれに意味があり、めざすべき地点があるということ—。
私たちは、それを求めることができるのです。
「イデア」の次元を想うことによって、私たちは「理想」を生み出すことができます。
それは、無尽蔵の宝の世界を私たち1人ひとりが一様に抱いているということにほかなりません。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆
G誌2017年8月号、17ページでした。

驚くべき神理です

何気ない出会い。
何気ない出来事
日常のすべてに青写真があった!

驚くべきことですが、本当はこれが真実であろうと思わざるを得ません。

行き当たりばったりの日常ではなく、日常のすべての細部にわたり、神に愛されていた。

だから青写真が存在する。
道があったのです。

昨年の重要キーワード、青写真 必然 呼びかけ 自業 はこの青写真の認識なしには体得が不可能です。

青写真には究極の青写真と途中経過の青写真があるのではないかと考えます。

このところについては、次号、3月行報告で私見を述べさせてください。

その 2

2月の止観シート行の内訳は以下のとうりです。

書かなかった日   10日
1枚書いた日    16日
2枚書いた日     2日
合計20枚です。

お読みいただき、ありがとうございました。

2018年 3月21日

GLA  一会員

2018年 1月行報告

皆さま
 

明日は24次GGPの修了式ですね。

様々な学び、出来事、呼びかけをいただいた、深い一年でした。

感謝です!

 

以下、行報告です。

2018年
1月行報告、 No. 90

★止観シート行   31枚
 ウイズダム     0枚

★禅定      14日
合計時間    7時間5分
一日30分以上
今月は17日抜けました。

★霊的読書
G誌の先生のご文章すべて、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説、を熟読しています。
7ヶ月かけて7回読んでいます。
今月は7回読めました。

★『真我を解放する行』の実践、2巡目です。
「自信家」を超えるための行から、
陰徳の行  2ヶ月目です
思遣の行  2ヶ月目です

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文・挑戦1・2を7回熟読しています。
この行の実践は、止観シート行でチェックするように努めています。

なほ、一巡目は2015年3月から始め、2017年8月末に2年6ヶ月かけて終了しています。 
2巡目は2017年9月から始めました。

書写行   0回
映像反芻  0回

以上です。

 

コメント

その 1  霊的読書

私が霊的読書として主に行じている対象は、G誌に掲載されている先生のご文章です。

これは、「GLA会員のライフスタイル」の中に示唆としてあります。
75ページで次のように示されています。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

その中で、まずは、月刊誌「GLA」におけるご連載を拝読することが、

「霊的読書」の何よりもの出発点になるでしょう。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

またそれより以前、45才から50才の頃、5年半ほどG誌の先生のご文章の7回読みを続けていました。

その後、65才頃まで、仕事が超忙しくなって、殆どの行を停止していました。

その延長として再開したのは、2006年からですから合計では16年間を越えています。

前にも申しましたとうり、禅定は14年間超ですから、それより長くなります。

現在では、主な先生の神理の記述は、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説です。

これを月に一度づつ、7ヶ月かけて7回熟読しています。

このように多読にしたのは、入会間もない頃、一部の講師さんが先生のご連載を7回も、8回も読んでおられると聞いたからですが、とても真似る気にはなりませんでした。

一度読んで、解っている文章を2度、3度と読むのは、アホらしい!、馬鹿らしい! そんな感覚があり実践できませんでした。

その後、それでは決して解ってはいないことに気がつき、7回読みを始めています。

皆さまの中には、何度も読む意味がわからないとおっしゃる方もおられるでしょう。

私の感じでは、最初の2、3回目のときは、日本語で書かれていますから、わかりますが、それは知識的にわかっている感覚です。

4、5回目では、先生の神理の凄さが迫ってきます。
先生のお心の洞察の深さ! 慈しみの深さ!

6、7回目では、感動の涙と共に深く共感させていただいています。

先生は、凄いご存在です!

「時の羅針盤」でお説きくださる神理は、私たちの日常の問題点、試練を溶かす、タイムリーなお導きであると想っていました。

それだけではなく、未来何十年先、何百年先のこの漆黒の暗黒の世界に、これから生まれてこられる方々にも、光へと導かれる大切な指針になるものと認識を改めています。

また、「魂の学」序説は、これから未来、何千年、何万年と読まれ続け、実践される『聖書』であることには間違いありません!

以下は、もう7回拝読した、昨年1月号から9月号の中で頂き、今も生きる上で大きな指針となっているキーワードです。

理想と現実
原因と結果の法則
蓄積する。量が質に変わる
中心軸
一貫させる
運命
「心の地力」、「心のピラミッド」
『運命』の内なる源泉
不平等は条件
「主導権」すべてを引き受けようとする意思
魂の経験、揺るがぬ中心軸
「主体性」、「内から迎え撃つ力」
「自業」
見えない「決定的選択」人生観・世界観
運命の法則、使命の法則
潜在力・努力
理想と現実
必然
青写真の故郷、
次元の壁

以上ですが、この内「主体性」についてはまだ体得なかばで、理解・会得できているとは言えません。

「必然」の学びは「自業」の理解と共に私には超大切な喜びとなりました。

「自業」に現れるすべては「必然」であり、そこには「青写真」が存在し、そこに向かうべき私への「呼びかけ」が、特注の「呼びかけ」として私へと降ろされている!

そのように理解・納得できています。

止観シートの出来事はすべて、もちろん私には「必然」です!

重要キーワードが自分の中で徐々にリンクされていくことに気がつきます。
ありがたいことです!

継続するには「霊的読書」は比較的容易にできます。一番難しいのは「禅定」であると実感していますが、「禅定」は大切です。

その 2 
1月の止観シート行の内訳は以下のとおうりです。

書かなかった日   5日
1枚書いた日   21日
2枚書いた日    5日
合計31枚です。

お読みいただき、ありがとうございました。

2018年 2月20日

GLA  一会員