2020年12月行報告

皆さま
お元気でいらっしゃいますか!

*************

2021年1月8日に開設しました、「アメリカ大統領選挙結果は最終的にはトランプの再選となる」のページは、下記のURLが内部リンクしています。
毎日新しい動画を加えています。
今、内も外も変革の嵐が訪れています。
是非、ご訪問ください。下のURLを1度クリックをお願いします。

https://friodekei.com/archives/2911

*************

 

さて、1月20日に就任式を終えたとされるバイデン大統領のこと、日本のテレビ、新聞ではいっさい報道されませんが、米国では数々の疑惑が何ヶ月も前から浮上し、主要マスコミ以外から報道されています。

2020年10月行報告、「トランプ大統領の勇気を知るの項目で述べましたとうり、今、世界は善か悪かの危うい分水嶺にあり、第の2「まさかの時代」そのものにあります。
コロナ禍より遥かに超深刻な事態です。

この「カオスの顔を良く見る」必要があります。
この場合はトランプとバイデンですが、それぞれの背景や政策そして家族のありようなどをなどを良く知れば、自ずからどちらが闇であり光であるかは明白になります。
まさに、カオス発想術で光を生みだせるか、闇になるかの瀬戸際です。

決して、遠くの国の政治問題ではありません!
アメリカと連動している日本も光と希望の方向に歩めるか、かつて経験したことのない深刻な疑惑と葛藤の暗黒世界に陥るか、の選択を迫られているのです!

今、アメリカで起きている Big Chaos・「呼びかけ」をあとで知らなかったでは済まされません。

いま世界史の過去、3000年以上続いた暗黒が覆されようとしています。
ローマ帝国時代からです!

またそれは、アトランティス大陸崩壊の原因ともなったような、邪悪な流れを止めることでもあります。

いまこの重大事態(カオス)がアメリカを中心に世界で進行中です。

この事態を知るには、何度も申し上げましたとうり、日本の主要マスコミ、アメリカの主要マスコミを見ていたのでは叶いません。
いっさい報道されていないのです。
彼らは、「ディープステート」に完全に支配されているからです。

これは75年以上も前、第2次世界戦争中、日本の主要マスコミが軍部の圧力により大本営の発表のとうり、日本軍は勝ち続けていると、虚偽のニュースを最後の敗戦まで流し続けたのと全く同じです。

いつの時代も真実を見つけるまなざしを大切にしていきます。

今月の目次

☆ 今月の音楽
バッハ作曲 
Sonata For Violin Solo No.1in G  Minor Presto

1 G.誌1月号より先生の神理に学ぶ

2 2020年12月行報告 N0.125

3 重要参考動画

 

☆ 今月の音楽
Bach Sonata For Violin Solo No.1 Presto

作曲家 J.S.Bach 1685~1750
演奏家 Hilary Hahn 1979~
アメリカ合衆国生まれ

曲名 Sonata For Violin Solo No.1in G  Minor Presto

音楽の父と呼ばれるバッハの小曲、でもそこに秘められている命には大宇宙をも創造するエネルギーの奔流を感じます。
バッハの偉大さを感じずにはおれません。

上部の YuoTubeの画面が開かない場合は、下記のURLをクリックお願いいたします。
https://youtu.be/PZoaEmxrsZQ

 G.誌1月号より先生の神理に学ぶ
遺伝子の発現には、オン・オフのスイッチがあると述べられ、さらに人生の次元にもオン・オフのスイッチがあると申されています。

魂のスイッチ・人生のスイッチの章、15ページ冒頭で、
まだ人生のスイッチが入っていない状態として、4つを上げておられます。
この4つを良く吟味してみると、私には大いに改善された項目もありますが、まだまだ半ばであり改善途中です。
16ページで、
人生のスイッチが入るときを、3つの例を上げておられます。

さらに、人生のスイッチとはで、その意味するところを4つ記してくださっています。
最後に、人生のスイッチを入れるとは「人生に入魂する瞬間」と言えるかもしれません。とおっしゃり、

☆    ☆    ☆
つまり、人生に本当の意味で入魂するとき、人生は次の次元に飛躍するのです。
ですから、人生のスイッチは、魂のスイッチと言ってもよいものです。

☆    ☆    ☆
と説かれています。

皆さま、いかが感じておられますか!
人生のスイッチするとは、人生を飛躍させ次の次元に移行させること。
私たちは、その過程を歩んでいるのですね。
これは大変な喜びです。

飛躍と聞けば、ドーンと一気に行きたいと想いがちですが、私はジリジリでもよい、確実に「行」を怠らずその道を歩みたいです。
そのように想っています。

私は霊的読書として、この G.誌上にある先生のご文章を課題として20年以上になります。
その方法は、「霊的読書ー私の実践している方法」で説明していますとうり、毎月1回、7ヶ月かけて7回霊的読書することでした。
ですから1月号は、まだ1回しか読んでいません。
7回目になる今年7月に読む頃には、どんな心境が訪れているか楽しみです。

2 2020年12月行報告 No.125

★ 止観シート行   10枚
 ウイズダム     0枚

★ 祈り・・・毎日お祈りします

○1日のはじめに P358 または今日の祈り P356
○食事のとき   P367
○就寝のとき   P375
○先立つ魂へ   P524 「先立つ魂へ」のお祈りは、一昨年2019年9月16日に第4期に旅立った妹にお祈りしています。

○「豊心大学 学生訓」を月に2回朗唱しています。
○「4つの心得」の祈り
・・・すべてを月に2回お祈りしています。 2018年豊心セミナーで先生が降ろされた4つの心得」一つ一つに対するお祈りです。
その4つのお祈りの詳細は、ここ「4つの心得」の祈りをクリックお願いいたします。内部リンクしています。

★ 祈り黙想禅定  12日
合計時間    6時間00分

1日30分以上
今月は19日抜けました。 

この時のお祈りは、5月13日から「愚かさの自覚を生きる」P593に変えています。 黙想と朗唱で1回刻印し、その後禅定しています。

★ 霊的読書

G誌の先生のご文章、巻頭言、時の羅針盤、「魂の学」序説を、 すべて毎月1回、7ヶ月かけ7回熟読しています。
今月は7回霊的読書できました。

上記の7ヶ月かけて7回熟読する実践方法は、 ここ霊的読書―私が実践している方法」に詳しく記述しました。上記をクリックお願いいたします、内部リンクしています。 参考にしていただけましたら幸いです。

 

★ ご著書「真我を解放する行」の熟読と実践、
     3巡目です。

被害者」を超えるための行から、
・「内省の行」   1ヶ月目です。
・「献身の行」   1ヶ月目です。

3ヶ月・90日の間に、煩悩と行の説明文及び挑戦1,2を7回熟読しています。 これらの実践は止観シート行でチェックするようにしています。

◉ なお、1巡目は2015年3月から2年と6ヶ月かけて2017年8月に終了しています。
◉ 2巡目も2017年9月から2年と6ヶ月かけて2020年2月に終了しました。

◉ 3巡目は2020年3月から始めています。 ご著書の目次の最初から順番に2つの行を並行して熟読と実践をしています。
反芻と継続は間違いなく神理体得、実践の力になると感じています。

◎ 自らのカルマ、未熟、不足、歪、愚かさには、あらゆるタイプの煩悩が関与しているのは明白です。

それらに対応して真我を解放するには、20の「行」すべての熟読と体得、実践が不可欠と認識しています。

★ 書写行   10枚
書写行は7月1日から再起動して始めています。
「泉の心を育む祈り」です。
今月は21日抜けました。

映像反芻    0回

以上です。

◎ 27次GGPで学んでいる、カオス発想術実践シート「しくじり編」、「未来編」は毎週必ず取り組んでいますが、上記の「行」には入れていません。

3  参考動画 です。 超重要です。
N
ew York サバイバルさん


この動画の発信者は、ニューヨーク在住の普通の日本人主婦。
寅さんとはトランプ氏のこと。

梅さんとはバイデン氏のこと。
私のコメントなしに、この動画を掲示します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2021年 1月30日
光輝く魂文明の夜明け!

GLA 一会員

2015年10月行報告

皆様

秋の深まりと共に、急激に夕暮れの訪れが早くなりました。 いかがお過ごしですか!

先日受け取りましたG誌11月号、実践論Ⅴでは、神理実践の目的地として4つお示しくださいました。

まだ一度しか読んでいませんが、先生がお心をお尽くしくださるお姿に、感動と感謝しかありません。

 

以下、行報告をいたします。

2015年 10月行報告、№ 63

★ 止観シート     42枚 
  ウイズダム      0枚

★ 祈り黙想禅定    31日
合計時間    15時間40分
一日30分以上
今月は抜けた日はありません。

★ 霊的読書
〇、G誌の先生のご文章中心です。
7ヶ月かけて7回読んでいます。
今月は、7回読めました。
〇、他に、ご著書から3度、霊的読書しました。

 真我を解放する行
「自信家」を超えるための行から
譲与の行、  (2ヶ月目です)
「被害者」を超えるための行から
和顔愛語の行、(2ヶ月目です)

書写行     0回
映像反芻     0回
(映像反芻を補うために京都会館ビデオ会には毎回出席しています)

以上です。

 

  ショパン ワルツ

コメント

先日の、大阪城ホール、先生講演会では人生の歩みを「樹形の図」でお示しくださいました。

お話によれば、私たちは生まれて以来、「人生の樹形の図」の中を未来に向かって、光へと上昇したり、闇へと下降したりして歩んでいます。 それは、人生に訪れる「カオス」に対して、私たちが無自覚の内に、または、時には自覚して、光の因子を引き出す光の選択をするのか、闇の因子を引き出す闇の選択をするのか決めて生きてきた。人生のすべては、私たちの受発色にかかっている。 そのようなご説明でした。

訪れる全ての「カオス」から、光の因子を引き出す受発色ができれば、そんな素晴らしいことはありません。 しかし現実では、私たちは殆ど無自覚のままに、善我とか菩提心とかは意識せず、我流で、自分の正論、自分の常識のままに受発色してきました。 それ故、停滞、破壊、衰退の人生が延々と続くことになりました。

自分の正論、自分の常識を超えた、光の善我、光の菩提心の受発色を回せるのかどうかは、本当に微妙です。

★ 正論は愛語で無い限り、煩悩であり闇です。・・・煩悩地図にあるとうりです。
★ 自分の常識は社会の常識であり、決してすべてが光だとは言えませんよね! 常識とされることは、社会の3つの「ち」であり、光には向かわない事柄も多く含まれています。

私見ですが、その殆どが闇だと想っています!

皆様はいかが想われますか! 自らの内を見る力が問われます。 自分の正論や常識に引きずられず、踏みとどまれる力、深い止観力が必要です。

出来事、事態を「カオス」と捉え、光の因子を受発色できれば、それは「もう一つの宇宙を創造するに等しい」とも申されていました。 それは、それほどの凄いことなのですね!

人生で無限とも想えるほど積み重ねてきた「カオス」に対する受発色、改めて一つ一つの受発色の大切さを自覚させられました。

ところで、この「人生の樹形の図」は、一日一日の一日の樹形の図にも応用ができますね。

皆様ご承知のとうり、一日の始まりは同じ気分でも、一日の終わりには、大変な苦難が重なって、精神的に疲れ果ててしまった日であったり、凪のように何もなく無風の日であったり、万事絶好調で有頂天の日であったりします。(これも煩悩、暗転ですが)。

また、時には訪れた「カオス」(試練)に対して、善我を生きることができ、静かに感謝できる日もありますよね!

一日の中でも、光へと上昇したり、闇へと下降したり、山谷があり、「樹形の図」そのものです。

先生は以前、人は一日に数万回の受発色をしていると申されました。(これは信じ難いようなお話しですが、アメリカの心理学者の間では常識のようです)

一日に訪れる無数の「カオス」は、それに対応する無数の受発色へつながります。 もし、受発色に無自覚でおれば、一日の中で、無意識が勝手に生き物のように闇の色(現実)をどんどん創り上げてしまうことになります。 たまったものではありません!

無自覚の受発色とは、3つの「ち」であり、カルマであり、自分の正論、常識でしょう。

この無意識の闇の流れに竿さすためには、私の現状の止観シート鍛錬では鍛錬不足であることは言うまでもありません。 ライフスタイルを整え、次の5年間では「止観体得」を実感できるように徹底的な鍛錬をしたいです。

10月の止観シート行は、

書かなかった日    6日
一枚書いた日    14日
二枚書いた日     6日
三枚書いた日     4日
四枚書いた日     1日
合計42枚でした。

**黙示録の時代その6**

以下は、私見です。

今、世界は騒乱状態に入りつつある。 そのように思えますが、皆様はいかが想われますか!

現れとしては3か所でしょうか。 〇、東シナ海、南シナ海での中国の軍事的進出。 〇、中東におけるイスラム、反イスラムの紛争。フランスに飛び火しています。 〇、アメリカの国内問題に見える、FEMAの活動。

これらは別々の問題に見えますが、一つのシナリオに従ってある目的を成就するために動いているように思えます。 それは、NEW World Order,(NWO 新世界秩序)による世界政府の樹立です。

主体者は、世界的な超裕福層の人達です。 かつて、高橋信次先生は、人間の支配したいと言う欲望はドンドン大きくなれば、最後には宇宙をも支配したいと思うようになるとおっしゃっていました。

彼等は既に、世界の主要なマスコミ、銀行、企業、司法、軍隊、議会をも支配下に置いています。

勿論、ロシア、中国を含む主要な国々の首脳達は、そのシナリオを了解済みです。 ですから、これから起こる国家間の紛争はヤラセであると言えるでしょう。

その大混乱は、それをコントロールするためには「新世界秩序」が必要だとする口実を作るためのものになります。

例えば、アメリカ合衆国では、何かの理由をつけて戒厳令が敷かれれば、大統領は職と解かれ、議会は停止となり、かつての日本の軍国主義を超える、超独裁国家になります。 そんな法律は既に議会で可決されています。

アメリカ国民の中には、そんな独裁を拒否して反乱を起こす人もいるでしょうから、内戦が勃発する可能性もあり、そのような内戦に備えた軍備も準備されています。 アメリカの自由は完全に失われてしまいます。

アメリカでは既に、300万人以上の人々が食糧を備蓄し始めていると言われています。 日本の食糧危機はもっと深刻になるでしょう。

ビル・ゲイツは軽井沢に頑強な別荘を建てています。

1929年10月24日のニューヨーク株式市場の大暴落が波及して世界大恐慌となったように、アメリカの国内問題で終わりません。

「黙示録の時代その1」の中で申しましたとうり、先生は35年程前にはこの未来を予見されていたことになります。

以上、私見でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

2015年11月18日

GLA       一会員

2015年 9月行報告

皆様

11月1日、先生講演会が迫ってまいりました。

いかがお過ごしですか!

実は、11月22日、サンパウロ市で先生講演会映像の集いが開かれます。
場所は、市の中心、リベルダ—ジ区にある、
ブラジル日本文化福祉協会、Grande Auditorio(大講堂)です。

1200名をお迎えできる大きさだそうです。
昨年は日系のホテルで350名参加できる場でした。

凄い飛躍ですね!

以下、行報告をいたします。

2015年
9月行報告、№ 62

★ 止観シート     40枚
  ウイズダム      0枚

 

★ 祈り黙想禅定   25日
  合計時間    12時間30分 
一日30分以上
今月は5日抜けました。

 

 霊的読書
G誌の先生のご文章中心です。
7ヶ月かけて7回読んでいます。

今月は7回読めました。
他に、ご著書から1度、霊的読書をしました。

★ 真我を解放する行
「自信家」を超えるための行から
〇譲与の行、   (1ヶ月目です)
「被害者」を超えるための行から
〇和顔愛語の行、 (1ヶ月目です)

書写行                  0回 
映像反芻    0回
(映像反芻を補うために京都会館ビデオ会には毎回参加しています)

以上です。

 

コメント

〇、8月行報告の中で、最近5年間の止観シート行と自己変革の実感について述べ、前半の3年間にはその実感が無かったと申しました。

実感が無いのに行を重ねるのは辛いものですが、無駄であり無意味な努力であるとは決して言えないです。

諦めずに、集中して止観シート行を継続すれば、少しづつ変革の実感が伴うようになると明言できます。

私の場合は2000枚を超えてから変革の実感を感じ始めました。また、5つのチェックポイントを書き入れたり工夫を行い、霊的読書、禅定も並行していました。

〇、前回に申しました「1日止観シート研修」の感想です。

予定より3割ぐらい多い受講者があって盛会でした。

正式名は「シート研修 止観体得への道Ⅰ」で、会場で頂いた、その名のタイトルの45ページのご著書に沿って研修を受けました。

このご著書の中に、今回の研修の趣旨が述べられています。

長くなりますが、その一部をお伝えします。
私には、研修の位置づけが明確になり、目的意識がしっかり持てて、嬉しい一文でした。

+++++++

前略

「真我誕生」を願った魂が、現実を次々と生み出す自らの心を発見した後に、辿らなければならない段階が「偽我・善我葛藤」です。
魂が抱いている本質の完全なる開花————「真我誕生」を果たすときまで、その歩みは続きます。
ということは、この葛藤は、私たちが有余の(未完の)存在である限り、なくなることはないということです。

しかしまた、葛藤を続けながらも、葛藤している自分を常に自覚することができるようになったとき、そしてその願いをいつも確かにし、常にその重心を「善我」の側におき、「善我」に与(くみ)する者になったとき、そこに次なる段階が用意されるのです。

「偽我」と「善我」の葛藤に大きく飲み込まれることなく、純粋な心の力を発揮する段階————。それが、「止観体得」の段階です。

後略

+++++++

皆様、これは悟りの9段階の最初の部分ですよね!
このご説明、私には深く心に届きました。

最初の三段階を辿る行の大切さを丁寧にご説明くださいました。
この「葛藤」について、止観シートを書かなければ普通でいるとGLAで学んでいても、殆ど自覚できず、自覚出来ていても浅いです。

快暴流系の私も、強烈に常に自己正当化のエネルギーの中を生きていますから、「イケイケドンドン、ツンツン、ギラギラ」、であってどこが悪いの?
そんな感覚でいましたから、「葛藤」は生じません。

苦衰退の方も
快衰退の方も
苦暴流の方も

それぞれの理由で、自らの煩悩を正当化する強烈な「つぶやき」を持ち、浄化・転換をする意志を手放してしまえば、わざわざ止観シートを書き、「祈りのみち」を持ち出して、対比し「葛藤」する必要はなくなります。

私には、自らの煩悩のまま生きる在り方を良しとする自己正当化が、あらゆる生活の場面で働いている、これは大変と認識できたとき、自分の煩悩を止観シートで取り上げることができ、浄化・転換に向かおうと、「祈りのみち」のお心、善我・真我と自分の煩悩との「葛藤」が始まる事になりました。

1段階、心の発見

自分の煩悩を止観シートで取り上げられること。
それにより、より深い複雑な煩悩の心の発見が可能になりました。

2段階、偽我・善我葛藤

自分の書いた止観シート(煩悩・偽我)を「祈りのみち」(善我・真我)で浄化・転換して生きようとするとき時に生じる困難さ(葛藤)。
この困難さは、皆様ご存知のとうり、体験されているとうり、究極の困難さですよね!

浄化・転換ができたと思っても、次の日には、また同じ煩悩を発動させてしまいます。
それの繰り返しですから、正に「葛藤」です。
この困難さ「葛藤」はどうしても避けられない連打であり、また人生の醍醐味でもありました。

先生のおっしゃるとうり、この「葛藤」なしに光は訪れず、「真我誕生」への道はありません。

3段階、止観体得

上記の先生のご文章では、
「・・・・・葛藤を続けながらも、葛藤している自分を常に自覚することが出来るようになったとき、その願いをいつも確かにし、常にその重心を「善我」の側におき、「善我」に与(くみ)する者になったとき、そこに次なる段階が用意されるのです。・・・・・」と、あります。

皆様、ここを読まれていかが思われますか!
止観シート行の連打の果てに、心の重心を「善我」の側におき、「善我」に与する者になる。
これが完璧に出来ておれば、4段階、善我確立 となります。

煩悩地図には指針となる善我のお言葉は24あります。
正直、愚覚、畏敬、同伴、無私、簡素、受容、砕身、共感、愛語、内省、献身、自律、責任、肯定、明朗、素直、懸命、後悔、切実、鋭敏、実行、回帰、率直、ですね。

希望の光のお言葉です。
止観シート行の「葛藤」の連打のあとには、こんな素晴らしい光の世界が在るのですえね!

私には、一部に重心を傾け始められたお言葉もありますが、殆ど体得とは言い難いお言葉ばかりです。

しかし、一部とは言え、善我の想いを受発色できたときには、自由な別世界が広がっているのを感じます。

1段階、心の発見
2段階、偽我・善我葛藤
3段階、止観体得

私は、1段階、心の発見と2段階、偽我・善我葛藤を現在通過中です。
3段階、止観体得にはまだまだ届いていません。
それは、上記の先生のご文章で、自分の現状を見れば明快です。

「・・・・常にその重心を『善我』の側におき、『善我』に与する者になった時・・・・」と、あります。
私が、重心を善我の側におくとか、『善我』」に与する者になるレベルに達するには、まだまだ鍛錬が必要です。
ただし、この「葛藤」を続けて行けば、決して不可能ではないと想っています。

皆様は今どの段階を歩んでおられますか?

1995年に止観シート行が始まって以来、最初の15年間は600枚余りを書き、止観シートで心の発見、偽我・善我葛藤の作業をしてきました。
年間40枚平均で、書いても一日一枚です。

私のような暴流系の者の心には、「怒り」、「正論」の巨大な岩がゴロゴロしている訳です。
毎回それが気になりますから、同じ苦暴の「怒り」の心の発見をし続けることになり、快暴、苦衰、快衰が在っても見えません。

それが見えるようになったのは、一日に複数枚書くようになって初めて、次の中岩ぐらいの多様な煩悩の心の発見が始まりました。
ただし、まだまだ無自覚の部分が大変多いです!

生活実践で学んだ、「知っている自分、知らない自分」で学んだとうりです。
無自覚でおれば、永遠に煩悩を生きてしまい、無自覚にも、恐ろしい闇の波動をまわりに発散し続けることになります。
責任は私にあります。

衰退系の方々は「不安と恐怖」、「楽観」がメインになっているのかも知れません。
これも、恐ろしい波動には間違いはありません。

なほ、研修では、2人の受講者につき1人の同伴者が付かれました。
これからの課題は、先の先生のご文章にあるとうり、日夜地道に止観シートを書いて、「葛藤」を続け、悟りの9段階をしっかり歩んでおられる、本当の同伴者がもっと必要です。

次の、「止観シート研修 止観体得への道Ⅱ」が開催されれば、是非参加したいです。

〇、9月の止観シート行は、

書かなかった日     7日
一枚書いた日     13日
二枚書いた日      8日
四枚書いた日      1日
七枚書いた日      1日
合計40枚でした。

**黙示録の時代その5**

先日、GGPで、近畿本部の代表者の皆さんも参加された、東京本部のターミナル絵コンテご披露の場に、東京本部の大きい横断幕も披露されていました。
皆様ご記憶ありますか。

その横断幕に「巨大カオス・・・・・・ 」と、ありました。
今の日本には、他国にはあっても、差し迫った巨大なカオスを意識できる事態は無いように思えます。

東京本部の方々は何を意識されているのか知りたいですね!

お読みいただき、ありがとうございました。

2015年、10月23日

GLA        一会員